市場ニュース

戻る

【市況】東証グロース(大引け)=値下がり優勢、ベースフード、エコモットがS高

ベースフード <日足> 「株探」多機能チャートより
 26日大引けの東証グロース市場は値上がり銘柄数225、値下がり銘柄数261と、値下がりが優勢だった。

 個別ではベースフード<2936>、エコモット<3987>、pluszero<5132>、AIAIグループ<6557>、セレンディップ・ホールディングス<7318>がストップ高。メドレックス<4586>、グッピーズ<5127>、tripla<5136>、オープンワーク<5139>、ELEMENTS<5246>など14銘柄は昨年来高値を更新。サンクゼール<2937>、ウェルプレイド・ライゼスト<9565>、ジャパンワランティサポート<7386>、バルテス<4442>、クリングルファーマ<4884>は値上がり率上位に買われた。

 一方、グランディーズ<3261>が昨年来安値を更新。セルシード<7776>、Macbee Planet<7095>、サイバートラスト<4498>、シャノン<3976>、弁護士ドットコム<6027>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク