市場ニュース

戻る

【材料】アップル、鄭州工場でのアイフォーン生産が11月に30%以上減少の可能性=米国株個別

 アップル<AAPL>が下落。アイフォーンの生産を委託している台湾のフォックスコンの中国鄭州工場での生産が11月に少なくとも30%減少する可能性があると報じられた。ロイター通信が関係者の話として伝えた。鄭州工場では従業員の抗議活動が衝突に発展しており、操業に支障が出ている。警備員と衝突している動画も配信されるなど緊張が高まっている状況。

 鄭州市では新型ウイルス感染の増加を理由に、都市部の8地区で11月25-29日に移動制限を実施。工場では新型コロナウイルスの感染防止策として厳しい制限措置がほぼ1カ月続いている。

(NY時間09:33)
アップル<AAPL> 147.81(-3.26 -2.16%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク