市場ニュース

戻る

【特集】デリバティブを奏でる男たち【36】 グリーンライト・キャピタルのデビッド・アインホーン(後編)


◆グリーンライトの運用スタイル

 ツイッター<TWTR>の株式取得を公表したことで近ごろ物議を醸しているグリーンライト・キャピタルは、「空売りの名手」の異名を持つデビッド・アインホーンによって1996年に創設されました。しかし、同社の運用スタイルは意外にも、第34回に取り上げたセス・クラーマン率いるバウポスト・グループと同様、バリュー株投資を基本としています。

▼バウポストのセス・クラーマン(前編)―デリバティブを奏でる男たち【34】
https://fu.minkabu.jp/column/1565

 アインホーンは特にバークシャー・ハサウェイ<BRK.A>を率いるウォーレン・バフェットを信奉しており、2003年にバフェットとの昼食会の権利を25万100ドルで落札したほどです。この昼食会の権利は毎年6月に米大手ネットオークションであるイーベイ<EBAY>が開催するチャリティー・オークションで売りに出され、収益金はサンフランシスコを拠点にホームレスを支援しているグライド財団に寄付されます。ちなみに、最終回となる2022年の昼食会は、前回(2019年、2020年と2021年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止)の4倍以上となる1900万100ドルで落札されました。

 しかし、アインホーンはバリュー投資の名手であるバフェットを信奉する一方で、「空売りの名手」として名をあげてきました。彼は米プライベート・エクイティ(PE)投融資企業だったアライド・キャピタル・コーポレーションへの空売りや、米大手投資銀行だったリーマン・ブラザーズの空売りで「空売りの名手」の名を不動のものにしており、ポジションを持った後に著名な投資会議で、空売りアイデアとして自らの空売りポジションを披露するなど、積極的な活動を展開してきました。特にアライドに至っては同社を相手取って訴訟まで起こしています。

 となると、グリーンライトの運用スタイルは、バリュー株投資を基本とするロング・ショート・アクティビスト(物言う投資家)なのでしょうか。

 もっとも、グリーンライトは、関連会社であるグリーンライト・マスターズとグリーンライト・プライベート・エクイティ・パートナーズを通じてファンド・オブ・ファンドとプライベート・エクイティ・ファンドを運営しています。また、損害保険の再保険会社であるグリーンライト・キャピタル・リーも運営しており、それらを含めるとグリーンライトの運用スタイルは、マルチ・ストラテジーと言えるでしょう。

 ちなみに、リーマンに対して、アインホーンが自信をもって空売りを行えた背景のひとつに、サブプライム・モーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)を手掛けるニュー・センチュリー・フィナンシャルの経営破綻が挙げられるのではないでしょうか。同社はサブプライム・モーゲージ市場の悪化で、複数の金融機関から債権の買い戻しを要求されて資金繰りが悪化。2007年4月に上場廃止となり、4月には連邦破産法11条(チャプター11)を申請しました。

 実は破綻の前年にグリーンライトは同社の2番目の大株主になり、同社役員の解任を求める委任状争奪戦(プロキシー・ファイト)を仕掛けますが、それを取り下げて2006年3月にアインホーンが同社の取締役に就きます。彼は同社が破綻する前月に取締役を退任しますが、恐らくは相当な損失につながった投資だったと考えられます。しかし、ここでサブプライム・モーゲージの現状を目の当たりにしたことが、リーマン空売りの背中を推したと想像されます。

(続きは「MINKABU先物」で全文を無料でご覧いただけます。こちらをクリック

◆若桑カズヲ (わかくわ・かずを):
証券会社で株式やデリバティブなどのトレーダー、ディーラーを経て調査部門に従事。マーケット分析のキャリアは20年以上に及ぶ。株式を中心に債券、為替、商品など、グローバル・マーケットのテクニカル・需給分析から、それらに影響を及ぼすファンダメンタルズ分析に至るまで、カバーしている分野は広範囲にわたる。MINKABU PRESS編集部の委託により本シリーズを執筆。


株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク