市場ニュース

戻る

【材料】ダブル・スコープ---反発、安寄り後はリバウンド狙いの買いが優勢

WSCOPE <日足> 「株探」多機能チャートより

ダブル・スコープ<6619>は反発。韓国子会社の公開価格が想定を下振れたことから足元で株価が急落、前日まで3日連続ストップ安となっていた。9月15日の高値から本日安値まで下落率は一時55.6%にまで達しており、本日の売り一巡後は短期リバウンド期待や売り方の買い戻しなどが優勢となっているようだ。目先的には、9月30日に予定されている子会社の韓国証券取引所上場後の価格形成が注目材料となる。
《TY》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク