市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月3日版

日経平均株価は週明け後に上昇しても、2万7062円前後が上値の限界になる公算
1. NYダウの7月は下げにくい時期
 図1は、 NYダウの7月の値動きのパターンを示しています。
 「○」は月足が陽線引けした年、「●」は月足が陰線引けした年です。上ヒゲ、下ヒゲ、実体は、月足のそれぞれの部位の値幅になります。
 1990年から2021年までの期間では、「○」が多く、月足が陽線引けした確率は75%もあります。
 ただ、一本調子に上昇しているわけではありません。陽線引けした年の上ヒゲと実体を比較すると、上ヒゲの方が極端に長くなっている年が目立ちます。これは、中旬頃までに価格が上昇して、月末へ向けて上値を抑えられていることが多いことを表しています。
 7月が中旬まで上昇して、月末へ向けて上値を抑えられる展開は、月足が陰線引けしている年にも表れています。
 月足が陰線引けした8回の中で、1998年、1999年、2007年、2011年、2014年の5回は、上ヒゲが300ドル近い値幅か、300ドル以上の値幅になっています(以前としては目立つ値幅です)。
 これらの年の動き方を順番に見ていくと、1998年は、月初から20日まで上昇して、20日から月末まで、上げた分以上を下げる展開となっています。
 1999年は、月初から19日まで上昇して、19日から月末まで、上げた分以上を下げる展開となっています。
 2007年は、月初から17日まで上昇して、17日から月末まで上げた分以上を下げる展開となっています。
 2011年は、月初から7日まで上昇して、7日から月末まで上げた分以上を下げる展開となっています。
 2014年は、月初から17日まで上昇して、17日から月末まで上げた分以上を下げる展開となっています。
 このようにほとんど同じパターンで推移しています。
 一方で、7月の月足が陰線引けしたその他の年は、下げて戻る展開となっています。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク