市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は伸び悩み、136円台前半での戻り売り興味がやや強まる

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

23日午前の東京市場でドル・円は135円80銭近辺で推移。一時135円64銭まで売られており、22日欧米市場の安値を下回った。リスク選好的なドル買い・円売りは縮小気味。135円80銭以下の水準には個人勢などのドル買い注文が残されているが、136円台前半では戻り売りのオーダーが増え始めている。135円台後半で下げ渋ってもドルの戻りは136円台前半で一服する可能性が高待っているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円64銭から136円28銭、ユーロ・円は143円22銭から144円00銭、ユーロ・ドルは、1.0557ドルから1.0581ドル。

《MK》

 提供:フィスコ


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク