市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・14日>(大引け)=バンクオブイ、サカタタネ、ADプラズマなど

バンクオブイ <日足> 「株探」多機能チャートより
 バンク・オブ・イノベーション<4393>=一時ストップ高。午前10時30分ごろ、事前登録受け付け中のスマートフォン向け新作RPG「メメントモリ」について、英語、韓国語、繁体字に対応したSNSを開設し、海外ユーザー向けの事前登録受け付けを開始したと発表しており、これが材料視されている。「メメントモリ」は、過酷な過去や運命を背負う少女たちが繰り広げるRPG。その世界観をキャラクターごとに歌唱で表現した「ラメント」(オリジナルソング)に、多くの本格派アーティストが参加しているのが特徴で、昨年8月20日に国内事前登録を開始し、事前登録数は10万人を突破している。今回は海外向けSNSの開設と同時に、アーティストの平原綾香さんが歌唱を担当するキャラクター「ルーク」のMVと平原綾香さんへのインタビュー動画をYouTubeで公開したとしている。

 サカタのタネ<1377>=大幅反発。13日の取引終了後、22年5月期の連結業績予想について、売上高を656億円から674億円へ、営業利益を73億円から90億円へ、純利益を88億円から98億円へ上方修正したことが好感されている。会計基準の変更に伴い前期との比較はないものの、上期において野菜種子、花種子の販売が全般的に好調であったほか、物流の混乱を回避するための前倒し需要も加わったことなどが寄与する。なお、第2四半期累計(6~11月)決算は、売上高327億400万円、営業利益56億8800万円、純利益41億2900万円だった。

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668>=上げ足早め3日続伸。同社は13日取引終了後、22年8月期第1四半期営業利益は6億1900万円(前年同期比2.8倍)と発表した。上期計画9億円(前年同期比2.0倍)に対する進捗率は68.8%、通期計画20億円(前期比81.4%増)に対しては31.0%。なお、同社は今期から「収益認識に関する会計基準」を適用しているが、前年との比較は適用前の実績をもとに算定しているとした。半導体・液晶関連事業はファウンドリやロジックメーカーにおける先端投資が行われるとともに、中国の半導体内製化へ向けた投資が行われるなど、半導体関連の投資が引き続き活発に推移した。好調な受注環境の中、国内外における生産ライン増強に注力するとともに、半導体業界の急激な需要増加に伴う部材調達への影響に備えるため、先行手配・代替品の選定などに取り組んだとしている。

 ミクニ<7247>=ストップ高。同社は13日、電動オイルポンプ(EOP)の新たな生産ラインを中国・上海に設置すると発表しており、これが材料視されているようだ。同社のEOPは、電子制御によりモーターを駆動しオイルを吐出するポンプで、電動車の各種部品の冷却、潤滑を目的に開発された製品。既に国内で生産しているが、上海に設ける生産ラインは受注している日系電動車メーカーへの納入分を生産するのに加えて、中国系のEアクスル(電動車駆動ユニット)メーカーからの需要にも応じるもので、将来的には中国から他地域に向けて輸出することも想定している。

 中山製鋼所<5408>=5日続伸。前日まで値刻みこそ小幅ながら4日続伸と上値を慕う動きをみせていたが、きょうは一気に上げ足を加速させている。日本製鉄系の鉄鋼メーカー老舗で鋼板や棒鋼、コイル製品など熱延技術で優位性を持っている。独自技術で製造するNFG(微細粒熱延鋼板)はスーパーメタルとして注目度が高い。22年3月期は営業利益が前期比3.4倍の80億円と急拡大する見通し。株価指標面ではPER5倍台で、PBRが0.3倍と割安感が際立っている。株価は年初からバリュー株物色の流れに乗り上昇基調を強めているが、大発会から前日までの7営業日で陰線は一本のみと陽線の多さが目立っている。

 前澤工業<6489>=もみ合い上放れる。600円近辺のもみ合いを一気に上放れた。同社は上水道・下水道用機械の大手メーカーで官公庁向けのウエートが高い。13日取引終了後に発表した22年5月期上期(21年6~11月)決算は営業利益が8億400万円(前期実績は5700万円)と急拡大しており、これが株価を強く刺激する格好となった。好決算を背景に22年5月期の年間配当を従来計画の20円から24円に4円増額したことも買い人気を助長している。同社株はPERが6倍前後でPBRが0.5倍台、配当利回りが3.8%前後と極めて割安圏に位置しており、現在のバリュー株シフトの流れにも乗っている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均