市場ニュース

戻る

【特集】デリバティブを奏でる男たち【5】 ミーム株のロビン・フッダー(前編)


◆米証券投資アプリ、ロビンフッド

 第5回では、2020年のコロナショック以降に米株式市場で一躍注目される存在となった「ロビン・フッダー」について取り上げます。ロビン・フッダーとは特定の誰かを指す名称ではなく、米証券投資アプリ「ロビンフッド」を利用して投資を行っている個人投資家を意味する総称です。
 
 同アプリを提供するロビンフッド・マーケッツ社は、最高経営責任者(CEO)であるブルガリア系のウラジミール・テネフと、スタンフォード大学で同級生だったインド系のバイジュ・プラフルクマール・バットが、2013年に創業しました。
 
 2011年に旋風を巻き起こした金融機関や政界に対する抗議運動「ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)」に触発され、富裕層以外にも金融サービスの裾野を広げられるスマートフォン用のアプリを開発しよう、と考えたのが始まりでした。

 彼らが開発したアプリ「ロビンフッド」の特徴は、取引方法が非常にシンプルで使いやすいうえ、新たな取引や入金があった時は画面上に紙吹雪を飛ばしたり、スクラッチカード(オンライン版)を使って1株を無料で提供するなど、スマホ世代やゲームアプリ世代を意識したサービスが用意されていることにあります。
 
 そして最大の特徴は、何と言っても売買手数料が無料であること。これには他の証券会社も度肝を抜かれ、慌ててネット系証券会社が追随するなど、各社はその対応に追われることになりました。証券会社の主要な収益源であるはずの売買手数料を無料にして、ロビンフッドは一体どのようにして収益を稼いでいるのでしょうか?

◆ロビンフッド、3つの収益源

 同社の収益源は主に、①貸株、②資金提供、③情報提供の3つであると考えられます。①と②に関しては既存の証券会社も同様ですが、分別管理によって保管している顧客保有の株式をカストディアンなどの貸株業者に貸し出すときの手数料、あるいはマージン・トレーディング(信用取引)や先物などのデリバティブ取引の際に提供する資金の金利で稼いでいます。
 
 特に②の「資金提供」に関しては、ロビンフッドでは「ゴールド」という月額5ドルのサブスクリプション(定額制)サービスを通じて行います。また、顧客は口座開設後であれば、入金完了前でも1000ドル程度の株を買うことができるほか、最低1ドル以上かつ100万分の1株単位で買うことができるなど、既存の証券会社では考えられないような、低所得の若者には有難いサービスが満載となっています。
 
 また、③の「情報提供」については、ハイ・フリークエンシー・トレーディング(HFT、高頻度取引)業者などのマーケットメーカー(値付け業者)に顧客の注文を流し、リベートを得る仕組みである「ペイメント・フォー・オーダー・フロー(PFOF)」でも稼いでいます。
 
 一方のマーケットメーカーは、この仕組みで集めた注文を店内で付け合わせ、市場の最良気配でマッチングさせることで売買スプレッドを得るほか、マッチングできない注文は市場に流すことで、取引の活性化を図りたい取引所から手数料をもらっています。


(※続きは「MINKABU先物」で全文を無料でご覧いただけます。こちらをクリック


◆若桑カズヲ (わかくわ・かずを):
証券会社で株式やデリバティブなどのトレーダー、ディーラーを経て調査部門に従事。マーケット分析のキャリアは20年以上に及ぶ。株式を中心に債券、為替、商品など、グローバル・マーケットのテクニカル・需給分析から、それらに影響を及ぼすファンダメンタルズ分析に至るまで、カバーしている分野は広範囲にわたる。MINKABU PRESS編集部の委託により本シリーズを執筆。



株探ニュース

日経平均