市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~VIX指数は20割れでセンチメントは大きく改善~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

9日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:VIX指数は20割れでセンチメントは大きく改善
■ミライアル、3Q営業利益 106.2%増 12.32億円、22/1予想 17.0億円
■前場の注目材料:ソニーG、NYに研究拠点、AI・音響、世界規模で横串


■VIX指数は20割れでセンチメントは大きく改善

9日の日本株市場は、こう着ながらも底堅い相場展開になりそうだ。8日の米国市場ではNYダウが35ドル高だった。製薬会社のファイザ?とバイオのバイオンテックが試験の暫定結果として、同社製ワクチンの3回目の投与で新型コロナの変異株(オミクロン株)に効力がある可能性を指摘したため投資家心理が改善し、景気敏感株を中心に買われた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の28885円。円相場は1ドル113円70銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から前日終値水準から始まることになりそうだ。もっとも日経平均は2日間で1000円近くリバウンドをみせ、節目の29000円に迫る局面も見られたことから、短期的なリバウンドにおいて達成感は意識されやすい。また、29000円水準には25日、75日線が位置していることから、これを明確に上放れてくるには来週のFOMCのイベント通過後といったところか。

とはいえ、オミクロン株への過度な警戒感は後退していることから物色意欲は回復してきそうである。明日のメジャーSQを控えて先物市場ではロールオーバー中心となり、インデックスに絡んだ商いに振らされやすい需給状況ではあるものの、改めてショートを仕掛けてくる動きは考えづらいところ。中国の不動産リスクに対する警戒から楽観的な見方には向かいづらいだろうが、押し目狙いの動きは意識されてきそうだ。

また、VIX指数は19.90に低下した。3日には35.32まで急伸する場面があったこともあり、センチメントは大きく改善している。来週のFOMCでのテーパリング加速は相当織り込まれていると考えられるため、売り仕掛け的な動きが強まる局面においては、その後のリバウンドを狙ったロングスタンスといったところか。もっとも、中小型株については来週から本格化するIPOラッシュを前に換金売りが意識されやすいほか、短期的な値幅取り狙いの商いが中心になりそうである。値動きの強い銘柄などにピンポイントで資金が集中しやすいだろう。


■ミライアル、3Q営業利益 106.2%増 12.32億円、22/1予想 17.0億円

ミライアル<4238>が発表した第3四半期業績は、売上高が前年同期比12.8%増の82.83億円、営業利益は同106.2%増の12.32億円だった。成形機事業については、徹底した合理化活動の取り組み等により、利益は改善したものの、新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業活動・検収活動の制限が継続し、売上高については軟調に推移した。22年1月期の営業利益は17.00億円を見込む。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(28860.62、+405.02)
・NYダウは上昇(35754.75、+35.32)
・ナスダック総合指数は上昇(15786.99、+100.07)
・1ドル113.60-70円
・VIX指数は低下(19.90、-1.99)
・米原油先物は上昇(72.36、+0.31)
・米国景気の拡大
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・ソニーG<6758>NYに研究拠点、AI・音響、世界規模で横串
・大建工業<7905>25年度海外売上高1000億円、米住宅事業を成長の柱に
・川崎重<7012>半導体搬送ロボ増産、CASE対応など需要増
・トヨタ<7203>「レクサス」生産調整、年度計画は維持
・日産自<7201>日産と三菱自、兄弟車「ルークス」と「eKスペース」の製販停止
・クボタ<6326>カナダAgJの買収完了
・横河電機<6841>米社買収、電力系統電源の高速制御ソフト拡充
・ミライトHD<1417>3社統合でSI新会社、大型案件受注狙う
・中越パルプ<3877>学習帳のライバルが協業、ショウワに営業権譲渡
・アルフレッサHD<2784>再生医療品物流担う、バイオベンチャーに積極投資
・宇部興産<4208>新工場を建設、ポリイミドフィルム増産
・アステラス薬<4503>遺伝子治療用AAVベクター、米社と共同開発契約


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 10-12月期法人企業景気予測調査・大企業全産業景況判断指数:(予想:+5.0、7-9月期:+3.3)
・08:50 11月マネーストックM3(前年比予想:+3.7%、10月:+3.7%)

<海外>
・10:30 中・11月生産者物価指数(前年比予想:+12.1%、10月:+13.5%)
・10:30 中・11月消費者物価指数(前年比予想:+2.5%、10月:+1.5%)
《ST》

 提供:フィスコ

日経平均