市場ニュース

戻る

【市況】14日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は534ドル高と5日ぶりに急反発

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日の米株式市場では、NYダウが前日比534.75ドル高の3万4912.56ドルと5日ぶりに急反発した。
 
 好決算銘柄が買われたほか、経済指標の発表を受け米長期金利が低下したことが好感されNYダウ、ナスダック指数ともに大幅高となった。この日市場予想を上回る決算を発表したバンカメ<BAC>やシティグループ<C>、モルガン・スタンレー<MS>が上昇し、ユナイテッドヘルス・グループ<UNH>も決算内容が評価され急伸した。また、新規失業保険申請件数は市場予想を下回り雇用環境の改善への期待が膨らんだほか、米9月卸売物価指数の上昇率が8月から低下したことも好感された。ハイテク株が買われ、アップル<AAPL>やテスラ<TSLA>、マイクロソフト<MSFT>が高く、エヌビディア<NVDA>やTSMC<TSM>といった半導体株が上昇した。ウォルト・ディズニー<DIS>やエクソン・モービル<XOM>も値を上げた。半面、アリババ<BABA>やボーイング<BA>、メルク<MRK>が安く、フォード<F>やオラクル<ORCL>が値を下げた。

 ナスダック総合株価指数は、251.794ポイント高の1万4823.429と大幅続伸した。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億9527万株だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均