市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:7&IーHDや塩野義などに注目

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

13日の米国市場ではNYダウが0.53ドル安の34377.81とほぼ横ばいで終了し、ナスダック総合指数は105.71pt高の14571.64と上昇。シカゴ日経225先物も大阪日中比55円高の28195円と小幅高だった。14日早朝の為替は1ドル=113.20-30円(昨日午後3時は113.45円)。本日の東京市場では、米ナスダック高に追随してソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、ソニーG<6758>など主力ハイテク株の堅調推移が予想される。一方、米10年物国債の利回り低下や米JPモルガンの決算後の売りを受け、三菱UFJ<8306>、東京海上HD<8766>など大手金融株は軟調が予想される。昨日大引け後に好決算や業績改善予想を発表したコシダカHD<2157>、東名<4439>、MORESCO<5018>、サイゼリヤ<7581>、新光商事<8141>などにも注目。そのほか、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された7&IーHD<3382>、塩野義<4507>、栗田工業<6370>、東芝テック<6588>、DmMiX<7354>、島津製<7701>、トランス・コスモス<9715>などにも注目。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均