市場ニュース

戻る

【市況】アジア株 総じて上昇、香港市場は台風で休場

東京時間18:12現在
香港ハンセン指数   24962.59(台風のため終日取引中止)
中国上海総合指数  3561.76(+14.83 +0.42%)
台湾加権指数     16347.99(-114.85 -0.70%)
韓国総合株価指数  2944.41(+28.03 +0.96%)
豪ASX200指数    7272.54(-8.19 -0.11%)
インドSENSEX30種  60813.19(+528.88 +0.88%)

 13日のアジア株は総じて上昇。上海株は反発。マイナス圏でもみ合っていたものの中国の9月の貿易収支が予想を上回ったことなどが好感されて上昇に転じた。消費財関連株や情報通信は上昇したものの、エネルギー関連株の下げが大きかった。豪州株は小反落。前日終値を挟んでもみ合い後に小幅安で引けた。不動産屋生活必需品が買われる一方で、金融や素材が売られた。香港市場は台風のため休場。
   
 上海総合指数は反発。酒造会社の貴州茅臺酒、太陽光エネルギー関連メーカーの隆基緑能科技、免税品などの販売会社の中国旅遊集団中免、医療製品メーカーの無錫薬明康徳新薬開発(ウーシー・アップテック)、自動車メーカーの上海汽車集団が買われた。
   
 豪ASX200指数は小反落。不動産会社のグッドマン・グループ、不動産開発のセンターグループ、乳業メーカーのa2ミルクが買われる一方で、鉱物探査会社のフォーテスキュー・メタルス・グループ、資源・鉱山会社のBHPグループ、銀行大手のウエストパック銀行が売られた。

出所:MINKABU PRESS

日経平均