市場ニュース

戻る

【材料】スナップが決算受け時間外で大幅高 1株利益が予想外の黒字=米国株個別

 写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営するスナップ<SNAP>が4-6月期決算(第2四半期)を発表しており、1株利益が予想外の黒字だったほか、売上高も予想を上回った。EBITDAも予想を大きく上回っている。1日アクティブユーザー数(DAU)も2.93億人と予想以上に伸びた。第3四半期のガイダンスも公表しており、売上高、1日アクティブユーザー数とも予想を上回る見通しを示した。同社のコンテンツとクリエイティブツールへの投資が、若者らへの訴求を試みている広告主を魅了したようだ。

 アナリストからは「同社の全てのシリンダーで、発火していないものを探すことが難しい」とのコメントも出ていた。「経済再開につれて人々が巣ごもりから外の社会に復帰しても、同社は利益を得るだろう」とも語った。

 時間外で株価は15%の大幅高となっている。

(4-6月・第2四半期)
・1株利益(調整後):0.10ドル(予想:-0.01ドル)
・売上高:9.82億ドル(予想:8.47億ドル)
・EBITDA(調整後):1.17億ドル(予想:213万ドル)
・FCF:-1.16億ドル(予想:-5140万ドル)
・1日アクティブユーザー数(DAU):2.93億人(予想:2.91億人)

(7-9月・第3四半期見通し)
・売上高:10.7~10.9億ドル(予想:10.1億ドル)
・EBITDA(調整後):1~1.2億ドル(予想:1.15億ドル)
・1日アクティブユーザー数(DAU):約3.01億人(予想:2.99億人)

(NY時間17:25)時間外
スナップ<SNAP> 72.62(+9.65 +15.32%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

日経平均