市場ニュース

戻る

【市況】後場の日経平均は27円安でスタート、エーザイやレーザーテックが安い/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 29038.62 (-27.56)
TOPIX  : 1964.31 (+1.66)


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前営業日比27.56円安の29038.62円と前引け値(28984.93円)から下げ幅を縮めて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き10億円の買い越しとの観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、前場水準を意識して若干ながら戻りを見せる推移。前場の日経平均は、買いが先行したものの、結局はマイナスに転じて、前引けにかけて弱い値動きとなって節目の29000円を割り込んでいた。後場の日経平均は下げ幅を縮めて始まり、29000円を再び回復。しかし、あくまで前場の中心レンジでの推移に留まっており、改めてこう着感が意識されている。なお、TOPIXは小幅ながらプラス圏を再び回復する動きに。

 売買代金上位では、2%超の上昇で指数の支え役になっているファーストリテ<9983>を筆頭に、日立<6501>、日本製鉄<5401>、7&iHD<3382>などが堅調な反面、レーザーテック<6920>、エーザイ<4523>、東エレク<8035>、INPEX<1605>などが軟調。業種別では、鉄鋼、海運、証券などがプラス圏上位で推移。
《CS》

 提供:フィスコ

日経平均