市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:1ドル110円20銭近辺、CS、ソフトバンクGの孫氏への融資解消

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=110円20銭近辺で推移。クレディスイス(CS)は、ソフトバンクG<9984>の孫正義氏との融資を解消し、ソフトバンクGの取引も縮小したとウォールストリートジャーナルの報道としてブルームバーグが報じている。孫氏は自社株を担保にCSから借入れていたが、これが5月に入り0円になったことが明らかになったとしている。

一方、東京株式市場は日経平均が826.90円安と寄り付きから下げ幅を拡大している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が2250円安、東京エレクトロン<8035>は1360円安と下落し、相場の重しとなっているようだ。また、ソフトバンクGは278円安、3%以上の下落となっている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均