市場ニュース

戻る

【材料】ドーンが底堅い動き、第3四半期営業利益36%増と期末配当予想の1円増額が株価を下支え

ドーン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ドーン<2303>が底堅い動き。8日の取引終了後に発表した第3四半期累計(20年6月~21年2月)単独決算が、売上高7億2300万円(前年同期比8.4%増)、営業利益2億600万円(同36.0%増)、純利益1億4400万円(同31.7%増)と大幅増益となったことに加えて、11円を予定していた期末一括配当予想を12円(前期10円)にすると発表したことが株価を下支えしている。

 受託開発売り上げが検収時期の違いによって前年同期を下回ったものの、新規契約が順調に積み上がり、「NET119緊急通報システム」などクラウドサービスの利用料収入が増加したことが貢献した。なお、21年5月期通期業績予想は、売上高11億円(前期比4.8%増)、営業利益3億3000万円(同13.8%増)、純利益2億2600万円(同13.0%増)の従来予想を据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均