市場ニュース

戻る

【材料】JR東海が続伸、21年3月期業績予想を下方修正もアク抜け感強まる

JR東海 <日足> 「株探」多機能チャートより
 JR東海<9022>が続伸している。22日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を8630億円から7930億円(前期比57.0%減)へ、営業損益を1850億円の赤字から2440億円の赤字(前期6561億6300万円の黒字)へ、最終損益を1920億円の赤字から2340億円の赤字(同3798億8100万円の黒字)へ下方修正したが、アク抜け感から買われているようだ。

 今年1月に発令された政府による緊急事態宣言を受け、鉄道の利用が一段と落ち込んでいたことに加えて、2月に緊急事態宣言の延長が決定されたことで、利用低調が継続していることが要因としている。ただ、新型コロナウイルスのワクチン接種が先週開始されたことに伴う経済正常化への期待感から、利用回復も期待されているようだ。

出所:MINKABU PRESS

日経平均