市場ニュース

戻る

【特集】「水素」が6位にランク、業界を超えた協議会が2月にも政策提言へ<注目テーマ>

ENEOS <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 半導体商社
3 再生可能エネルギー
4 電気自動車関連
5 半導体製造装置
6 水素
7 パワー半導体
8 2020年のIPO
9 5G
10 全固体電池

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「水素 」が6位となっている。

 昨年12月に正式に発足した業界横断組織「水素バリューチェーン推進協議会」は、2月にも政府に提言を行う見通しで、株式市場ではその内容が注目されている。

 同協議会の設立は、欧州連合(EU)が2020年7月に水素エネルギー戦略を公表するなど、世界各国で水素社会実現に向けた取り組みが加速していることが背景。こうしたなか、今後も日本が世界をリードし続けるために、水素 の需要創出や技術革新によるコスト削減、事業者に対する資金供給といった課題を解決することを目的としている。

 協議会の理事会員には、ENEOSホールディングス<5020>、神戸製鋼所<5406>、東芝<6502>、川崎重工業<7012>、トヨタ自動車<7203>、三井物産<8031>、岩谷産業<8088>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、関西電力<9503>の9社が名を連ね、このほかにも三菱化工機<6331>や加地テック<6391>など多くの企業が参画している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均