市場ニュース

戻る

【材料】光通信---反発、中期的な利益成長継続を評価して国内証券が新規に買い推奨

光通信 <日足> 「株探」多機能チャートより

光通信<9435>は反発。東海東京証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を29000円としている。ここまで9期連続増益と安定的な利益成長を続けているが、電力・宅配水を中心にストック利益を積み上げることで、今後も中期的な利益拡大を予想するとしている。今期営業利益予想798億円に対して、来期869億円、再来期916億円への拡大を見込んでいる。
《HH》

 提供:フィスコ

日経平均