市場ニュース

戻る

【市況】東証2部(大引け)=2部指数は6日ぶり反発、DNAチップ、川澄化がS高

 3日大引けの東証2部指数は前週末比125.86ポイント高の6352.18ポイントと6日ぶり反発。値上がり銘柄数は271、値下がり銘柄数は153となった。

 個別ではDNAチップ研究所<2397>、川澄化学工業<7703>がストップ高。ソケッツ<3634>、ダイトーケミックス<4366>は一時ストップ高と値を飛ばした。中外鉱業<1491>、プレミアムウォーターホールディングス<2588>、エスビー食品<2805>、グリムス<3150>、Abalance<3856>など6銘柄は年初来高値を更新。アウンコンサルティング<2459>、エヌリンクス<6578>、サイオス<3744>、インスペック<6656>、ウェルス・マネジメント<3772>は値上がり率上位に買われた。

 一方、オーミケンシ<3111>、新内外綿<3125>、ワシントンホテル<4691>、京進<4735>、マミヤ・オーピー<7991>など9銘柄が年初来安値を更新。いい生活<3796>、東京自働機械製作所<6360>、ショクブン<9969>、フォーシーズホールディングス<3726>、共和コーポレーション<6570>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース

日経平均