市場ニュース

戻る

【材料】ケーエフシーが反発、手持ち工事が順調に進み第1四半期営業利益は大幅増

ケーエフシー <日足> 「株探」多機能チャートより
 ケー・エフ・シー<3420>は反発。この日の午後1時30分ごろに発表した第1四半期(4~6月)の連結決算が、売上高59億8100万円(前年同期比14.8%増)、営業利益4億3500万円(同99.8%増)、純利益3億2100万円(同92.0%増)となり、大幅な営業増益となったことが好感されている。

 ファスナー事業で耐震関連工事の減少などがあったものの、付加価値の高い「あと施工アンカー」をはじめとする建設資材の販売が順調に推移したほか、建設事業で元請け物件をはじめとして、手持ち工事が順調に進捗したことが業績の拡大につながった。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高285億円(前期比0.1%増)、営業利益31億3000万円(同4.9%増)、純利益22億5000万円(同7.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均