市場ニュース

戻る

【市況】9日の株式相場見通し=米株高受け反発も上値重い展開か

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 9日の東京株式市場は、米株高を引き継ぎリスク選好の流れとなり日経平均は反発に転じそうだ。前日の欧州株市場は総じて安かったものの、米国株市場ではアップルやアマゾンが上昇するなどハイテク株中心に買いが優勢となり、ナスダック総合指数は過去最高値を更新するなどリスクを取る動きが健在だった。東京市場では前日にETFの決算に伴う分配金捻出の売りが観測され日経平均を押し下げたが、きょうは米株高を受けて買い戻される展開が予想される。ただ、あすはオプションSQ算出日であることに加え、前日を上回るETF決算絡みの売り圧力が予想されており、きょうも上値を積極的に買い進む動きは期待しづらい。日経平均は2万2000円台後半では戻り売り圧力も想定され、前日の下げ幅を上回る上昇は見込みにくそうだ。

 8日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比177ドル10セント高の2万6067ドル28セントと反発。ナスダック総合株価指数は、同148.611ポイント高の1万492.500だった。

 日程面では、きょうは5月機械受注、6月の工作機械受注、5年国債の入札など。海外では6月の中国生産者物価指数、消費者物価指数、米30年国債の入札など。

出所:MINKABU PRESS

日経平均