市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:NYダウ92ドル高、予想上回る米6月雇用統計で早期回復期待が再燃

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式相場は上昇。ダウ平均は92.39ドル高の25827.36ドル、ナスダックは53.00ポイント高の10207.63ポイントで取引を終了した。6月雇用統計が予想を上回ったため、早期回復期待が高まり大きく上昇して寄り付いた。その後、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が全米の1日あたりの新たな感染者数が過去最多に達した発表すると第2波への警戒感が強まり上げ幅を縮小。しかし、トランプ大統領が第4弾パンデミック救済策に着手したことを明らかにすると、期待感が下支えとなり引けにかけても上昇を維持した。セクター別では、素材、自動車・自動車部品が大きく上昇した一方で、不動産や消費者サービスが下落した。

電気自動車(EV)のテスラ(TSLA)は4-6月期納車台数が市場予想を上回り急伸。レンタカーのエイビスバジェット(CAR)はモルガンスタンレーによる投資判断引き上げが好感され急伸した。音楽配信のスポティファイ(SPOT)はビデオ配信サービスの開始を検討しているとの報道が好感され上昇。一方で、製薬会社モデルナ(MRNA)は当初予定していた治験の開始が遅れる可能性が報じられ急落した。ソーシャルネットワーキングのフェイスブック(FB)は大手企業による広告ボイコットが続き下落した。

オンライン保険会社のオンラインレモネード(LMND)はNY証券取引所に2日上場を果たした。上場価格の29ドルを140%近く上回る価格で取引され好調な滑り出しとなった。





Horiko Capital Management LLC

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均