市場ニュース

戻る

【材料】三桜工は逆行高、2次電池関連の展開力評価と特別利益計上もポジティブ視

三桜工 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三櫻工業<6584>は全体下げ相場に逆行高。ここ古河電池<6937>が株価を大変貌させたのに続き、FDK<6955>がSMD対応小型全固体電池の年内量産開始発表を受け急騰するなど2次電池関連株に物色の矛先が向かっている。車載向け2次電池についてはスーパーシティ構想の目玉の一つでもある自動運転車にも絡む材料で、マーケットの視線も熱を帯びている。三桜工は出資先の米ソリッドパワーと全固体電池を共同開発しているほか、東京工業大学とは新型熱電発電素子の連続発電試験に成功するなど、同分野での研究開発に期待が大きい。また、同社は24日取引終了後、21年3月期第1四半期に投資有価証券売却益12億3300万円を特別利益に計上することを発表、これも株高を助長する材料となっている。


出所:MINKABU PRESS

日経平均