市場ニュース

戻る

【市況】19日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は208ドル安と3日続落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 19日の米株式市場では、NYダウが前日比208.64ドル安の2万5871.46ドルと3日続落した。

 米国市場は高安まちまち。NYダウは下落したがナスダック指数は上昇した。アリゾナ州とフロリダ州で新型コロナウイルスの感染者数が大きく増加するなか、「第2波」への警戒感が拡大した。中国が米国農産物の購入を加速させる計画と伝わり、朝方は上昇してスタートしたが、買い一巡後は値を消した。ボーイングが安く、アップル、アルファベット、マイクロソフトが値を下げた。JPモルガン・チェースやシティグループなど銀行株も軟調。エクソン・モービルやシェブロンなど石油株も下落した。半面、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックが高く、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが値を上げた。ギリアド・サイエンシズやバイオジェンなどバイオ関連株がしっかり。ウォルマートやネットフリックスが高い。

 ナスダック総合株価指数は、3.072ポイント高の9946.123と6日続伸した。出来高概算は、ニューヨーク市場が35億1819万株となった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均