市場ニュース

戻る

【市況】来週の株式相場戦略=需給相場の行方注視、3月急落場面と真逆の展開か

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 6月第1週(1~5日)の日経平均株価 は、前週に比べ985円(4.5%)高の2万2863円で取引を終え、3週連続で上昇した。緊急事態宣言の解除を発表した先月25日からは9勝1敗と連日高に沸いている。特に、きょうは前場の下げを後場に切り返し、ほぼ高値引けとなった。市場関係者からは「相場は本当に強い」と感嘆の声が上がっている。

 上昇相場の基調にあるのは、「ジャブジャブの金融緩和マネーの存在」(アナリスト)だ。さらに、4日には欧州中央銀行(ECB)が一段の緩和方向に動いた。金融緩和策を全開したところに、経済再開への期待が膨らみ、これまで安全資産の現金や債券に殺到していたマネーは株式へ逆戻りしている。ある市場関係者は「いまの相場は、あらゆるリスク資産を叩き売った3月の急落相場と真逆の展開なのかもしれない」との見方を示している。
 
 こうしたなか、市場では二番底を警戒しヘッジ売りをかけていた海外投資家が、一斉に買い戻しに走り出している。しかし、年初から大量売りを仕掛けた海外投資家は現物と先物で、なお8兆円強売り越しており、買い戻し余地は大きい。

 ただし、足もとの騰落レシオは140近辺、日経平均の25日移動平均線とのカイ離は9%強と過熱感は否めず、一服場面はいつあってもおかしくない。特に、来週12日には先物のメジャーSQがある。市場には、SQが目先の転換点となるとの声がある。とはいえ、基本的な足もとの強含み基調は「新型コロナの第2波が本格到来するまでは続く」(市場関係者)との見方は少なくない。

 全体相場が調整すれば、巣ごもり関連やヘルスケア株が戻り、上昇相場が続けば三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>のような銀行や安川電機<6506>のような機械など景気敏感株が上昇する展開は続きそうだ。

 来週は、8日に日本の1~3月期国内総生産(GDP)改定値、5月景気ウォッチャー調査が発表され、10日に4月機械受注が公表される。海外では、9~10日に米連邦市場委員会(FOMC)が開催され、10日に米5月消費者物価(CPI)が公表される。来週の日経平均株価の予想レンジは2万2500~2万3300円。
(岡里英幸)

出所:MINKABU PRESS

日経平均