市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:三菱UFJ、トヨタ、日電産

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
■FRONTEO <2158>  946円  +136 円 (+16.8%) 一時ストップ高   11:30現在
 FRONTEO<2158>が寄り付き大口の買い注文に気配値でのスタートとなった。同社は3日取引終了後、共和薬品(大阪市)と共同で、認知症診断を支援する人工知能(AI)を活用した新規医療機器の開発・販売で提携することを発表、これを材料視する買いを呼び込んでいる。認知症診断支援AIシステムはFRONTEO独自の自然言語解析AI「Concept Encoder(コンセプトエンコーダー)」を活用し、患者と医師との間の5~10分程度の会話から認知機能障害の有無を判定することができるシステムで、今後の展開に期待が高まる。FRONTEOの株価は5月下旬以降一気に上げ足を加速し、今週に入り1年8カ月ぶりの高値水準である1056円をつけていた。前日は利益確定売りに一時800円台を割り込む場面もあったが、きょうはカイ気配で急速に切り返しに転じている。

■内田洋行 <8057>  7,060円  +1,000 円 (+16.5%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率3位
 内田洋行<8057>が急伸しストップ高の7060円に買われている。3日の取引終了後、20年7月期の連結業績予想について、売上高を1900億円から1950億円(前期比18.6%増)へ、営業利益を58億円から65億円(同70.4%増)へ上方修正したことが好感されている。前年同期にWindows10更新需要の急拡大や軽減税率制度対応、大規模公募型受託案件などの大型案件が集中したため、第4四半期は反動が見込まれるものの、ICT関連ビジネス並びに環境構築関連ビジネスが引き続き高い水準にあることが要因としている。なお、純利益は30億7000万円から30億円(同24.2%増)へ下方修正した。同時に第3四半期累計(19年7月21日~20年4月20日)連結決算を発表しており、売上高1538億6000万円(前年同期比27.6%増)、営業利益82億8000万円(同2.3倍)、純利益41億400万円(同79.7%増)だった。

■IIJ <3774>  4,060円  +240 円 (+6.3%)  11:30現在
 インターネットイニシアティブ<3774>が一時8%を超える大幅高で5月13日につけた年初来高値4100円を払拭、13年5月以来約7年ぶりの高値圏に浮上した。13年5月につけた4365円を上抜けば、上場来高値更新となる。同社はネット接続サービスの大手でクラウドやセキュリティー分野で強みを発揮し、法人向けで高い実績を誇る。前日に三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンク各社やJR東日本<9020>、NTTグループ、セブン&アイ・ホールディングス<3382>といった大手企業が、デジタル通貨の基盤整備を目指す協議会を発足したが、IIJの持ち分法適用会社で暗号資産交換のディーカレット(東京都千代田区)が事務局の役を担うことで、これを材料視する買いが流入した。

■スカパーJ <9412>  449円  +18 円 (+4.2%)  11:30現在
 スカパーJSATホールディングス<9412>が反発している。3日の取引終了後、集計中の20年3月期業績について、営業利益が150億円から153億円(前の期比0.1%増)へ、最終利益が100億円から120億円(同24.0%増)へ上振れて着地し、営業減益予想から一転して増益で着地したようだと発表したことが好感されている。メディア事業における加入件数の減少に伴い業務手数料収入などが減少し、売上高は1435億円から1395億円(同14.9%減)へ下振れたものの、宇宙事業及びメディア事業両事業における技術関連費用やメディア事業における光コラボルートにおける販促費が減少したことなどが利益を押し上げた。

■ヘリオス <4593>  1,886円  +65 円 (+3.6%)  11:30現在
 ヘリオス<4593>が反発している。3日の取引終了後、遺伝子編集技術を用いて作成した、ヒト白血球型抗原(HLA)型に関わりなく免疫拒絶リスクを抑える次世代iPS細胞「ユニバーサルドナーセル(UDC)」の研究株が完成したと発表しており、これが好感されている。通常、移植細胞は患者とのHLA型を一致させない場合には、免疫拒絶反応を起こすが、UDCは遺伝子編集技術を用い、免疫拒絶反応の抑制を可能にするiPS細胞。同社のUDCは、他家iPS細胞から拒絶反応を引き起こすHLA遺伝子を除去し、その細胞に免疫抑制関連遺伝子及び安全装置としての自殺遺伝子を導入した、安全な細胞医薬品の原材料となる細胞で眼科領域、次世代がん免疫細胞、臓器原基などへの活用を目指すという。

■ハウス食品グループ本社 <2810>  3,750円  +115 円 (+3.2%)  11:30現在
 ハウス食品グループ本社<2810>が続伸。株価は3700円台まで上昇し約4カ月半ぶりの水準に値を上げている。SMBC日興証券は3日、同社株の目標株価を4200円から4500円に引き上げた。投資評価は「1」を継続した。コロナ状況下でも、海外食品が強く、ポストコロナでも成長が加速する可能性を指摘している。特に中国のカレー、米国の豆腐、タイのレモン飲料は増収ペースを堅持し、底堅さが光っている。同証券では21年3月期の連結営業利益を従来の200億円から160億円に下方修正したが、会社計画(155億円)は上回ると予想。22年3月期の同利益は231億円に急回復すると見込んでいる。

■ALサービス <3085>  1,966円  +36 円 (+1.9%)  11:30現在
 アークランドサービスホールディングス<3085>が反発している。3日の取引終了後に発表した5月度の月次売上高で、既存店売上高は前年同月比2.3%減と3カ月連続で前年実績を下回ったが、4月の10.4%減から減収率が縮小し、全店売上高が同4.5%増とプラスに転じたことが好感されている。客数は同21.8%減と大幅な減少が続いているものの、客単価が同24.9%増と大幅に伸長したことが減収率縮小に貢献した。

■川崎重工業 <7012>  1,789円  +27 円 (+1.5%)  11:30現在
 川崎重工業<7012>が3日続伸している。同社とシスメックス<6869>が折半出資で設立した医療用ロボット開発会社メディカロイドが3日、自動PCR検査ロボットシステムなどの開発を行うと発表しており、これが好感されている。開発を目指すロボットシステムの概要は、遠隔操作による検体採取ロボットシステムと自動PCR検査ロボットシステム、検温などのバイタル測定や食事のデリバリーを行う見守り・ケアネットワークシステム。10月に神戸医療産業都市内の施設で運用開始を予定している。

■三菱UFJ <8306>  451.2円  +6.6 円 (+1.5%)  11:30現在
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクが買われている。前日の米国株市場では発表された経済指標を受け、経済底入れ期待から大手金融株が大きく上値を伸ばし、JPモルガンが5%を超える上昇をみせたほか、シティグループも5%近く水準を切り上げるなど人気化するものが相次いだ。米10年債利回りも終値ベースで0.74%台と約1カ月半ぶりの水準に浮上しており、米国事業を展開する国内メガバンクにとっても追い風となっている。また、ここ脚光を浴びるデジタル通貨発足に向けた動きに関しても中核を担うメガバンク各社の動向はマーケットの視線が集まりやすくなっている。

■トヨタ自動車 <7203>  7,002円  +87 円 (+1.3%)  11:30現在
 トヨタ自動車<7203>が3連騰でフシ目の7000円大台を回復した。同社株が7000円大台に乗せたのは3月27日以来となる。外国為替市場ではリスクオンのドル買いが進み、足もと1ドル=108円80銭台の推移とドル高・円安が進行している。同社は輸出セクターのなかでも為替感応度で群を抜いているが、21年3月期の想定為替レートは1ドル=105円と実勢より4円近い円高に設定されており、円安による輸出採算の改善が収益メリットとして意識される局面にある。

■日本電産 <6594>  6,907円  +13 円 (+0.2%)  11:30現在
 日本電産<6594>が4日続伸。株価は3カ月半ぶりに一時7000円台を回復した。4日付の日本経済新聞は、同社が「中国に駆動モーターの開発拠点を新設」すると報道した。電気自動車(EV)用が中心で、人員規模は約1000人と日本の中核拠点と同規模になる見通しだという。

■ワールド <3612>  1,610円  -18 円 (-1.1%)  11:30現在
 ワールド<3612>が反落している。3日の取引終了後に発表した5月度の月次売上概況で、国内小売事業の既存店売上高が前年同月比71.8%減となったことが嫌気されている。緊急事態宣言の段階的な解除に合わせて営業も順次再開となったことを受けて、生活雑貨業態の復調が目立ち、アパレル業態では近隣型ショッピングセンターの売り上げ回復が早いという。ただ、集客力の高い都市部の駅ビルや百貨店は休業影響が残ったほか、客数の戻りも緩慢だったとしている。なお、Eコマース売り上げは同39.2%増と好調。国内小売売り上げは同61.5%減だった。

■クレアホールディングス <1757>  33円  +8 円 (+32.0%)  11:30現在
 クレアホールディングス<1757>が急騰し、年初来高値を更新した。同社は3日、子会社のクレアがジールコスメティックス(大阪市)と商品販売に関する売買基本契約書を締結したと発表しており、これが材料視されているようだ。ジール社は、ウイルスのスパイクたんぱく質を吸着する性質を持つとされる「ダチョウ抗体」を配合した化粧品や日用品などの製造販売を行っている企業。今年3月にはダチョウ抗体を配合したスプレー「V BLOCK SPRAY」の開発に成功し、既に関係先医療機関などへの提供を開始している。クレアでは現在の大きな社会的問題に貢献できると同時に、収益確保が期待できると判断し、ジール社が製造する商品を販売するための契約締結に至ったとしている。

■オンコリス <4588>  2,086円  +400 円 (+23.7%) ストップ高   11:30現在
 オンコリスバイオファーマ<4588>が急反騰し年初来高値を更新している。3日の取引終了後、がんのウイルス療法テロメライシンOBP-301に関して、米国食品医薬品局(FDA)から食道がんに対する「オーファンドラッグ指定」の通知を受領したと発表したことが好感されている。オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)は、米国内の患者数が20万人以下の重篤な希少疾病の新薬開発を促進するために設けられている制度。指定によりFDAのオーファン医薬品開発部門が、テロメライシンの開発方法について助言相談にあたるほか、補助金支給や臨床研究費用の税額控除といった優遇処置を受けることができる。また、承認後は7年間の先発権保護が与えられ、その間は市場独占権を享受できるとしており、テロメライシンの開発加速と優位性確保につながるとの期待が強まっているようだ。

■藤久 <9966>  1,073円  +150 円 (+16.3%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率4位
 3日に業績修正を発表。「今期経常を一転黒字に上方修正」が好感された。
 藤久 <9966> が6月3日大引け後(17:00)に業績修正を発表。20年6月期の経常損益(非連結)を従来予想の11億円の赤字→3.9億円の黒字(前期は15.1億円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。
  ⇒⇒藤久の詳しい業績推移表を見る

■ウチダエスコ <4699>  5,400円  +705 円 (+15.0%) ストップ高   11:30現在
 ウチダエスコ<4699>がストップ高に買われている。3日の取引終了後に発表した第3四半期累計(19年7月21日~20年4月20日)連結決算が、売上高135億9700万円(前年同期比37.2%増)、営業利益15億3900万円(同2.8倍)、最終利益10億100万円(同2.7倍)となり、営業利益が大幅増益で通期計画を上回って着地したことが好感されている。大型案件を含む学校市場向けタブレット型端末などの販売及び導入サポート案件が集中し、ICTサービス事業における学校市場向けIT機器の販売やICTサービス販売が大きく伸長した。また、民間市場でもICTサービス販売が堅調に推移した。なお、20年7月期通期業績予想は、売上高159億円(前期比16.1%増)、営業利益13億円(同58.6%増)、最終利益8億5000万円(同49.9%増)の従来見通しを据え置いている。

●ストップ高銘柄
 ディー・エル・イー <3686>  395円  +80 円 (+25.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 GMO TECH <6026>  2,793円  +500 円 (+21.8%) ストップ高   11:30現在
 ダブル・スコープ <6619>  667円  +100 円 (+17.6%) ストップ高   11:30現在
 グロームHD <8938>  1,013円  +150 円 (+17.4%) ストップ高   11:30現在
 など、8銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均