市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月10日版

1.NYダウ、年末に2月高値へ接近する可能性が出てきた
 トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの蔓延防止を目的とする都市封鎖によって停滞した経済を守るため、3月から4月にかけて83億ドルのワクチン開発補助、1900億ドルの失業給付など、2.2兆ドルの家計、中小企業支援などを決定してきました。
 5月に入り都市封鎖を緩和して、経済重視の政策へ舵を切ると、追加の経済対策として1兆ドルの規模の大型減税、公共投資を考えていると語っています。
 追加の経済対策が選挙公約となって、今年後半、その期待値が高まるなら、 NYダウは今年後半から来年前半へ向けて、2020年2月の高値2万9568ドルを超える動きになる可能性を考えておく必要が出てきます。
 前回、2020年のNYダウは急落後に押し目をつけて上昇を開始した年である、2003年、2009年、2019年と似た展開になる可能性があると書きました。
 今回は、過去3回の値動きを参考にして、本年が2月の高値を超える場合、どのような値動きになるか、いつ頃、どこに位置していればいいのかについて見ていきます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均