市場ニュース

戻る

【市況】8日の株式相場見通し=軟調展開か、米株引き継ぎ戻り待ちの売り優勢に

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 8日の東京株式市場は、売り優勢の展開か。前日の米国株市場ではNYダウなど主要株価指数が終盤値を消し小幅ながら軟調で引け、日経平均も戻り待ちの売りが出やすい場面。1万9000円大台を前にいったん下値を試す展開となる可能性が高そうだ。緊急事態宣言が出されたことで、改めて実体経済への影響なども意識され、小売関連セクターなど中心に内需消費関連の一角に売り圧力が誘導されやすい。寄り前に発表される2月の機械受注統計などにも注目が集まる。

 7日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比26ドル13セント安の2万2653ドル86セントと反落。ナスダック総合株価指数は、同25.98ポイント安の7887.26だった。

 日程面では、2月の機械受注、3月の景気ウォッチャー調査など。海外では中国・武漢の封鎖措置解除日。米10年債入札など。

出所:MINKABU PRESS

日経平均