市場ニュース

戻る

【通貨】英ポンド週間見通し:伸び悩みか、インフレ見通し引き下げの思惑も


■上げ渋り、英国金利の先安観強まる

先週のポンド・円は上げ渋り。欧州連合(EU)離脱後の移行期間内に英国はEUとの間で自由貿易協定を締結可能との見方が浮上し、ポンド・円は一時144円台に上昇した。しかしながら、インフレ鈍化の思惑などで英国金利の先安観が強まり、ポンド・円の上げ幅は縮小した。取引レンジ:142円37銭-144円53銭。

■伸び悩みか、インフレ見通し引き下げの思惑も

今週のポンド・円は伸び悩みか。1月30日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)を控え、12月失業率や1月製造業PMIなど経済指標が材料視されそうだ。個人消費関連など経済指標の悪化が確認されており、次回MPC会合でのインフレ見通し引き下げもあり得ることから、対円レートは伸び悩むとみられる。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・21日:12月失業率(11月:3.5%)
・24日:マークイット1月製造業PMI(12月:47.5)

予想レンジ:142円20銭-144円20銭

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均