市場ニュース

戻る

【材料】オハラ---急落、前期業績は下振れ着地で今期も減益予想

オハラ <日足> 「株探」多機能チャートより

オハラ<5218>は急落。前日に発表した決算内容が嫌気されている。19年10月期営業利益は9億円で前期比72.5%の大幅減益、従来予想の13億円を大幅に下回る着地となった。デジタルカメラ向け光学機器用レンズ材の需要が想定以上に減少し、生産設備稼働率の低下によって収益性が悪化した。20年11月期も8億円で同11.2%減益の見通しと、水準は市場想定を大幅に下回る形となる。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均