市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、シルバライフ、トレンダが売られる

 11日大引けの東証マザーズ指数は前日比8.27ポイント安の897.94ポイントと反落。値上がり銘柄数は82、値下がり銘柄数は210となった。

 個別ではイグニス<3689>が年初来安値を更新。シルバーライフ<9262>、トレンダーズ<6069>、BASE<4477>、エムビーエス<1401>、シノプス<4428>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ソレイジア・ファーマ<4597>がストップ高。フィット<1436>、ロードスターキャピタル<3482>、ALiNKインターネット<7077>は一時ストップ高と値を飛ばした。ジーエヌアイグループ<2160>、エディア<3935>、サイバー・バズ<7069>は年初来高値を更新。ハウテレビジョン<7064>、ホープ<6195>、シャノン<3976>、セルソース<4880>、CRGホールディングス<7041>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均