市場ニュース

戻る

【材料】ヤーマンが急反発、20年4月期は4期連続営業最高益更新見通し

ヤーマン <日足> 「株探」多機能チャートより
 ヤーマン<6630>が急反発している。13日の取引終了後に発表した20年4月期連結業績予想で売上高275億9500万円(前期比1.3%増)、営業利益58億4000万円(同2.4%増)、純利益36億8600万円(同4.2%増)と4期連続営業最高益更新を見込んでいることが好感されている。

 前期は中国をはじめ海外部門が好調だったことから増収率は鈍るものの、直販部門の強化や直営店など顧客接点の強化、新製品開発などに注力し増収を確保する見通し。また、コスト削減などによる体質強化にも取り組む見通しだ。

 なお、19年4月期決算は、売上高272億5200万円(前の期比18.3%増)、営業利益57億500万円(同5.9%増)、純利益35億3900万円(同4.1%増)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均