市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、ログリー、マネフォが売られる

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 6日大引けの東証マザーズ指数は前日比14.15ポイント安の879.37ポイントと反落。値上がり銘柄数は94、値下がり銘柄数は179となった。

 個別ではシェアリングテクノロジー<3989>、UUUM<3990>、コンヴァノ<6574>、フロンティア・マネジメント<7038>が年初来安値を更新。ログリー<6579>、マネーフォワード<3994>、ブティックス<9272>、イーエムネットジャパン<7036>、カオナビ<4435>は値下がり率上位に売られた。

 一方、リボミック<4591>がストップ高。フルッタフルッタ<2586>、データホライゾン<3628>、FFRI<3692>、SHIFT<3697>、JIG-SAW<3914>など9銘柄は年初来高値を更新。ASJ<2351>、ビリングシステム<3623>、アズーム<3496>、フリークアウト・ホールディングス<6094>、アルー<7043>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均