市場ニュース

戻る

【市況】21000円が抵抗ラインに/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]

30日は米NYダウが43.47ドル高の25169.88、ナスダック総合指数が20.41pt高の7567.72、シカゴ日経225先物が大阪日中比15円高の20945円。本日の日経平均は前日終値付近でのもみ合いが予想される。昨日は節目の21000円を終値ベースで下回る一方で、足元でローソク足は下ヒゲを伴う場面が目立っており、下値での買い需要の強さを確認した。5日移動平均線や25日線が下降していることもあり、21000円が接近するにつれて上値が重くなる一方で、下値は堅いとみられ、日中の値幅は小さそうだ。日足の一目均衡表では、転換線が下降して短期的な下落トレンド継続を示唆。遅行線が株価に対して大幅なマイナス乖離状態にあって弱気シグナルが鮮明になっている。ボリンジャーバンドでは、日々線は-1σ前後での推移が予想される。昨日に続いて終値ベースで-1σを割り込むと、来週以降も売り手優位の弱地合いが意識されよう。

[予想レンジ]上限21000円-下限20800円
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均