市場ニュース

戻る

【材料】住友大阪が8日ぶり反落、国内大手証券は「2」へ引き下げ

住友大阪 <日足> 「株探」多機能チャートより
 住友大阪セメント<5232>が8日ぶりに反落。SMBC日興証券は24日、同社株の投資評価を「1」から「2」へ引き下げた。目標株価は5800円から4800円に見直した。国内セメント販売価格の値上げが一定程度浸透し、同事業の利益成長期待は株価に織り込まれたとみている。特に、非セメント事業の不振が懸念材料と指摘。20年3月期の連結営業利益を200億円から160億円(前期比12.9%増)、21年3月期の同利益を224億円から205億円に下方修正している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均