市場ニュース

戻る

【市況】22日の日本国債市場概況:債券先物は152円71銭で取引終了


<円債市場>
長期国債先物2019年6月限
寄付152円62銭 高値152円71銭 安値152円59銭 引け152円71銭
売買高23117枚

2年 400回 -0.155%
5年 139回 -0.165%
10年 354回 -0.055%
20年 168回 0.340%

債券先物6月限は152円62銭で取引を開始し、一時152円59銭まで下げたが、
午後の取引で152円71銭まで反発し、この水準で日中の取引を終えた。
現物債の取引では、2年債と5年債の気配が相対的に甘くなり、10年超の
年限の気配がややしっかりとなった。

<米国債概況>
2年債は2.24%、10年債は2.42%、30年債は2.84%近辺で推移。長期債利回りは
若干低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.07%近辺、英国債は1.04%近辺、オーストラリア国債は
1.63%近辺、NZ国債は1.77%近辺で推移。



[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 カナダ・3月小売売上高(前月比予想:+1.2%、2月:+0.8%)
・23:00 ウィリアムズNY連銀総裁あいさつ
・23:10 ボスティック米アトランタ連銀総裁開会あいさつ
・03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(4月30日-5月1日開催分)

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均