市場ニュース

戻る

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~底堅さをみせて連休明け後の令和相場に期待したいところ

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

26日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:底堅さをみせて連休明け後の令和相場に期待したいところ
■前場の注目材料:任天堂、今期営業利益4%増見通し、コンセンサス下回る
■日立、日立化成の売却検討、IoT軸に「加速」、相乗効果薄く


■底堅さをみせて連休明け後の令和相場に期待したいところ

26日の日本株市場は、売り先行の展開から底堅さを見極める格好になりそうだ。25日の米国市場ではNYダウが134ドル安となったが、ナスダックは上昇。NYダウはスリーエムの決算が嫌気された格好であり、一方でフェイスブックが上昇したほか、アマゾンが取引終了後の決算を受けて時間外で上昇しており、下支えとして意識されそうである。シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円安の22200円。円相場は1ドル111円50銭台と円高に振れて推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から売りが先行しようが、アマゾンの心理的な下支えを見極めることになろう。ただし、国内の決算では任天堂<7974>がコンセンサスを下回る見通しだったほか、アンリツ<6754>もコンセンサスには届かなかった。足元での決算では日本電産<6594>、ファナック<6954>など、コンセンサスを下回るものの、市場のネガティブ反応は限られていたが、相次ぐ弱い見通しにより、模様眺めムードにつながりやすいところである。

ネガティブな決算に対する反応としては、アク抜けというよりは決算本格化、大型10連休を前に積極的なポジションは取りづらい中で、ポジションを圧縮していた影響であろう。そのため、改めて売り込む流れにはならないと考えられるとはいえ、連休明け後は改めて判断されることになるため、下値不安は残りそうである。

なお、本日は平成最後の売買となり、明日からゴールデンウイークの10連休が始まる。ポジション圧縮は一巡しているとみられ、売り一巡後は底堅さが意識されてくることが期待される。また、連休前に新たなポジションの積み上げは考えづらく、短期筋の値幅取り狙いが中心になりそうである。平成最後の取引は年初来高値更新で締め括りたいところではあるが、まずは底堅さをみせ、連休明け後の令和相場に期待したいところであろう。


■任天堂、今期営業利益4%増見通し、コンセンサス下回る

任天堂<7974>は2020年3月期の営業利益を前期比4.1%増の2600億円としており、コンセンサス(3500億円)を大きく下回った。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売台数は市場予想に沿った見通しとなった。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(22307.58、+107.58)
・ナスダック総合指数は上昇(8118.68、+16.67)
・米中貿易戦争終結への期待感
・日銀のETF購入

・日立<6501>日立化成<4217>の売却検討、IoT軸に「加速」、相乗効果薄く
・ヤフー<4689>持ち株会社制、社名「Zホールディングス」、10月
・NESIC<1973>ドローン・AIで点検、太陽光パネル、作業コスト60%超削減
・DMG森精<6141>中国で大型MC生産、航空機・インフラ向け需要増
・エアウォーター<4088>鹿島に産業ガスプラント


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 4月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く)(前年比予想:+1.1%、3月:+1.1%)
・08:30 3月有効求人倍率(予想:1.63倍、2月:1.63倍)
・08:30 3月失業率(予想:2.4%、2月:2.3%)
・08:50 3月鉱工業生産速報値(前月比予想:0.0%、2月:+0.7%)

<海外>
・07:45 NZ・3月貿易収支(予想:+1.31億NZドル、2月:+0.12億NZドル)
・10:30 豪・1-3月期生産者物価指数(10-12月期:前年比+2.0%)

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均