市場ニュース

戻る

【材料】任天堂は軟調も大商い継続、25日の決算発表控え思惑入り乱れる

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
 任天堂<7974>は軟調な値動きをみせているが、売買代金は全市場を通じて断トツ。一時は日経平均連動型ETFのNEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>を2倍近い売買代金をこなすなど異彩を放っている。前週末に「ニンテンドースイッチ」の中国進出の思惑が浮上し、記録的な商いを伴い株価を急騰させた。きょうは、その反動で利益確定売りが顕在化しているが、下値では押し目買いが厚く下げ幅は限定的だ。今週25日に同社の決算発表が予定されており、それを前に売り方と買い方の思惑が交錯している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均