市場ニュース

戻る

【通貨】1月17日のNY為替概況(訂正)

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

下記のとおり修正します。
(誤)108円30銭で引けた。
(正)109円30銭で引けた。

 
 17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円69銭から109円40銭まで上昇し、109円30銭で引けた。

米国の週次失業保険申請件数が予想外に前週から減少し労働市場のひっ迫が確認されたほか、米1月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を上回り製造業も依然堅調である証拠となり米債利回り上昇にドル買いが再燃。また、米財務省は否定したが、財務長官が対中輸入関税の引き下げを支持しているとの報道を受けて米中貿易摩擦緩和期待にリスク選好の円売りが強まった。

ユーロ・ドルは、1.1405ドルから1.1370ドルまで下落し1.1390ドルで引けた。

ユーロ・円は、123円90銭から124円68銭まで上昇。

ポンド・ドルは、1.2883ドルから1.3001ドルまで上昇した。

英国のメイ首相続投で政局がかろうじて安定、また、欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条の交渉期間延長で合意ない離脱を回避するとの期待にポンド買いが継続。

ドル・スイスは、0.9921フランから0.9954フランまで上昇した。



[経済指標]

・米・先週分新規失業保険申請件数:21.3万件(予想:22.0万件、前回:21.6万件)・米・失業保険継続受給者数:173.7万人(予想:173.4万人、前回:171.9万人←172.2万人)・米・1月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:17(予想:9.5、12月:9.1←9.4)

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均