市場ニュース

戻る

【5%】住友大阪について、米ゴールドマン・サックスは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告書No.1]

住友大阪 <日足> 「株探」多機能チャートより
 住友大阪セメント <5232> について、投資銀行世界大手の米ゴールドマン・サックス証券は12月7日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、ゴールドマン・サックスと共同保有者の住友大阪株式保有比率は5.05%→3.39%に減少した。報告義務発生日は11月30日。

■財務省 : 12月7日受付
■発行会社: 住友大阪セメント <5232>
■提出者 : ゴールドマン・サックス証券

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
 2018/11/30  5.05% →  3.39%    1,378,354  2018/12/07 15:16

■提出者および共同保有者
 (1)ゴールドマン・サックス証券
        0.45% →  0.01%
 (2)ゴールドマン・サックス・インターナショナル
        3.06% →  2.09%
 (3)ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニー・エルエルシー
        0.50% →  0.26%
 (4)ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
        1.02% →  1.02%


※上記は金融庁のEDINET(電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。
※金融商品取引法で自己株式は保有株券に含めないことになっており、そのため保有株数等が0と表記される場合があります。

株探ニュース

日経平均