市場ニュース

戻る

【材料】タクマ<6013>のフィスコ二期業績予想

タクマ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

タクマ<6013>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

ごみ処理や水処理、ボイラ、産業廃棄物処理プラント事業などを展開。バイオマス発電プラントも手掛ける。燃焼技術が強み。環境・エネルギー(国内)事業は収益堅調。案件構成の変化等が寄与。19.3期1Qは2桁増益。

環境・エネルギー(海外)事業は売上増。バガス燃焼ボイラプラントの建設工事が進捗。19.3期通期は増収増益を見込む。株価は26週線がサポートとして機能。割高感はなく、業績面が当面の株価上昇をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/119,000/10,400/11,000/8,000/96.77/20.00
20.3期連/F予/121,000/11,000/11,600/8,350/101.01/22.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/09
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均