市場ニュース

戻る
2018年10月11日09時58分

【市況】NYダウ急落で日経平均株価2万3000円割れ、「目先的な調整局面」の声も

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 11日の東京株式市場は日経平均株価が一時、前日比800円超の大幅安となり2万2690円まで下落。9月14日以来の2万3000円割れに売り込まれている。前日の米株式市場でNYダウが831.83ドル安と急落したことを受け、日本市場も売り一色となり全業種が売られている。震源地となった米国市場の急落の要因には、長期金利の上昇と米中貿易摩擦の激化が挙げられている。

 ただ、市場関係者からは「上昇局面の中の調整に過ぎない」とみる声が出ている。米国市場に詳しいフィリップ証券の庵原浩樹リサーチ部長は「これまで米国市場は10年債利回りが上昇するなか、本来下げる局面でも下げていなかった。それだけに10日の急落は溜まっていた調整のエネルギーが放出されたように見えるが、市場関係者はパニックにはなっていない。NY市場はバリュエーション的に割高感はない。目先、調整は続く可能性はあるが、年末にかけラリーは続くとみている。当面の物色の矛先は、高配当、低PBR銘柄などが優勢になるだろう」と分析している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年10月11日 09時59分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均