市場ニュース

戻る
2018年08月17日17時23分

【市況】来週の株式相場見通し=米中イベント経過で押し目買い、ジャクソンホール会議を注視

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 来週(20~24日)の東京株式市場は、お盆休み明けに伴い市場参加者の復帰が見込めることから、売買エネルギー回復が見込めそうだ。また、来週は米中貿易摩擦に関連した複数のイベントが集中しており、これらが経過することでマイナス材料出尽くしとなり、あく抜けによる押し目買いも想定される。さらに、世界各国から中央銀行総裁や著名な政治家、学者、エコノミストなどが参加するジャクソンホール会議での発言内容にも関心が集まりそうだ。日経平均株価の想定レンジは2万2000~2万2700円とする。

 市場関係者からは「きょうは、米中貿易摩擦への過度な懸念がやや後退したことで、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が大幅反発したのを好感して、海運、精密機器などの景気敏感株を中心に買い優勢となった。ただ、主力株を買い上がる動きは限定的で、東証1部の売買代金は、1兆8455億円と今年3番目の低水準となった。来週からは、お盆休み明けに伴う売買代金増加に期待が掛かる。また、ここ数年はジャクソンホール会議を境に株価が上昇に転じるケースが多かったことから、その内容に一段と関心が高まりそうだ」との見方が出ていた。

 日程面では、7月の全国百貨店売上高(21日)、6月の全産業活動指数(22日)、7月の消費者物価指数、7月の企業向けサービス価格指数、気象庁3カ月予報(24日)に注目。

 海外では、米政府が2000億ドル分の対中報復関税に関する公聴会を開催(20~23日)、ユーロ圏財務相会合(21日)、米7月の中古住宅販売件数、7月31日・8月1日開催分のFOMC議事録(22日)、米中次官級通商協議(22~23日)、米中が相互に160億ドル相当の輸入製品に制裁関税を発動(23日)、米金融・経済シンポジウム(ジャクソンホール会議・23~25日)、米7月の耐久財受注(24日)が焦点となる。(冨田康夫)


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均