市場ニュース

戻る
2018年08月16日17時09分

【市況】明日の株式相場見通し=週末で持ち高調整の売り優勢、海外の懸念材料くすぶる

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(17日)の東京株式市場は、トルコ情勢や米中貿易摩擦問題など海外の懸念材料がくすぶるなかで迎える週末とあって、持ち高調整の売りが優勢となり、日経平均株価は軟調な推移が予想される。

 市場関係者からは「きょうは、中国など新興国の景気減速懸念を背景とした銅をはじめとする非鉄金属市況の下落を受けて、石油・石炭や非鉄などの資源関連株を中心にほぼ全面安となり、日経平均株価は一時、前日比332円安まで売り込まれた。ところが、前場なかごろに、“中国商務省が、王受文商務次官が通商協議のため8月下旬に米国を訪れると発表した”との情報が伝えられると、米中貿易摩擦を巡る懸念が後退するのではとの思惑から株価指数先物主導の買いが入って急速に下げ渋り、一時上昇に転じる場面もあった。ただ、東証1部の値下がり銘柄数は1673と値上がりの367銘柄(変わらずは64銘柄)を大きく上回り、全体の約80%を占めた」との見方が出ていた。

 16日の東京株式市場は、リスク回避の売り優勢で始まったものの、前場後半に買い戻される流れとなり一時、プラス圏に切り返す場面もあった。その後一進一退の動きで結局大引けは小幅安で着地した。日経平均株価終値は、前日比12円18銭安の2万2192円04銭と小幅続落した。

 日程面では、海外で米7月のCB景気先行総合指数、台湾4~6月期のGDP確報値が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均