市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:石原産、メイコー、リクルート

リクルート <日足> 「株探」多機能チャートより
■石原産業 <4028>  1,582円  +300 円 (+23.4%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 石原産業 <4028> がストップ高。10日大引け後、19年3月期上期(4-9月)の連結経常損益を従来予想の7億円の赤字→30億円の黒字に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなったことが買い材料視された。有機化学事業は主力の農薬が欧州で計画未達となるものの、米州やアジアで販売を伸ばし、増益を確保する。主原料チタン鉱石価格の騰勢が強まるなか、酸化チタンの輸出価格を引き上げたことも上振れの要因となる。なお、通期の経常利益は従来予想の33億円(前期は84.1億円)を据え置いた。

■オープンドア <3926>  2,602円  +446 円 (+20.7%) 一時ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 オープンドア<3926>は一時ストップ高。全体相場急落のなかで我が道を行く展開となっている。同社は旅行情報サイト「トラベルコ」を運営、若年女性層を中心にネット上で旅行プランを比較するニーズを捉えており、提携予約サイトの増加などで収益拡大基調が顕著だ。10日取引終了後に発表した19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が11億1400万円(前年同期比25.7%増)、営業利益は4億5600万円(同89.4%増)、最終利益は3億1500万円(同2.3倍)と高水準の伸びを示し、これがポジティブザプライスとなった。

■帝国電機製作所 <6333>  1,562円  +233 円 (+17.5%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 10日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は72%増益で着地」が好感された。帝国電機製作所 <6333> が8月10日大引け後(16:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比71.7%増の6.9億円に拡大し、通期計画の22.7億円に対する進捗率は30.5%に達し、5年平均の14.4%も上回った。
  ⇒⇒帝国電機製作所の詳しい業績推移表を見る

■東和薬品 <4553>  7,130円  +1,000 円 (+16.3%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率4位
 東和薬品 <4553> がストップ高。10日大引け後に発表した19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比64.0%増の48億円に拡大して着地したことが買い材料視された。主力のジェネリック医薬品で近年の追補品の販売が好調で、13.2%の大幅増収を達成したことが寄与。売上原価率の低下に加え、デリバティブ評価益が増加したことも利益を押し上げた。上期計画の39.5億円をすでに21.7%も上回っており、業績上振れを期待する買いが殺到した。

■ハーバー研究所 <4925>  11,950円  +1,540 円 (+14.8%)  11:30現在
 10日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は81%増益で着地」が好感された。ハーバー研究所 <4925> [JQ] が8月10日大引け後(16:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比80.6%増の4.4億円に拡大し、通期計画の25億円に対する進捗率は前年同期の10.3%を上回る17.8%に達した。
  ⇒⇒ハーバー研究所の詳しい業績推移表を見る

■メイコー <6787>  2,552円  +297 円 (+13.2%)  11:30現在
 メイコー <6787> [JQ]が急騰。10日大引け後に発表した19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比2.8倍の26.9億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。車載向けやスマートフォン向けプリント配線板の受注が大きく伸びたことが寄与。高多層の高付加価値品の売上増加に加え、歩留りや生産性が改善したことも増益の要因となった。通期計画の68億円に対する進捗率は39.6%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。併せて、従来未定としていた今期の上期配当を15円(前年同期は10円)実施する方針としたことも買いに拍車を掛けた。

■セイコーHD <8050>  2,705円  +304 円 (+12.7%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 セイコーホールディングス<8050>が3日ぶりに反発し、大幅高となっている。同社は10日取引終了後に、19年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表。営業利益は24億3100万円(前年同期比10.5%減)にとどまったが、通期計画80億円に対する進捗率が30.4%に達したことが買い手掛かりとなっているようだ。売上高は593億6700万円(同6.5%減)で着地した。半導体事業が連結の範囲から外れた影響があったものの、ウオッチ事業が新製品効果などで伸長。システムソリューション事業も堅調に推移した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

■OSJBHD <5912>  291円  +31 円 (+11.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率7位
 OSJBホールディングス<5912>が商いを急増させ大幅高。株価300円未満の低位株特有の強みを発揮して、個人投資家を中心とした短期資金の攻勢を促している。同社はケーソン工事で優位性を持つ橋梁中堅で、好採算の高速道路大型案件などが寄与して足もと利益を急拡大させている。10日取引終了後に発表した19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算は、営業利益段階で11億2100万円(同65.3%増)と好調だった。これを手掛かり材料に寄り付き大口の買いが入りカイ気配スタート、その後も個人投資家とみられる買いが追随して株価を押し上げている

■JBR <2453>  1,036円  +103 円 (+11.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 10日に決算を発表。「10-6月期(3Q累計)経常が69%増益で着地・4-6月期も52%増益」が好感された。ジャパンベストレスキューシステム <2453> が8月10日大引け後(16:00)に決算を発表。18年9月期第3四半期累計(17年10月-18年6月)の連結経常利益は前年同期比69.5%増の12億円に拡大し、通期計画の13.2億円に対する進捗率は91.3%に達し、4年平均の81.8%も上回った。
  ⇒⇒JBRの詳しい業績推移表を見る

■キトー <6409>  2,339円  +227 円 (+10.8%)  11:30現在  東証1部 上昇率10位
 キトー <6409> が急反発。10日大引け後に発表した19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比2.3倍の8.1億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。旺盛な設備投資需要が続くなか、増産体制を継続し、国内や中国、韓国などで工場用搬送機器の販売が伸びたことが寄与。新基幹システム稼動による償却費などを吸収し、利益倍増を達成した。上期計画の16億円に対する進捗率は50.9%に達し、5年平均の31.8%も上回った。

■加藤製作所 <6390>  3,140円  +286 円 (+10.0%)  11:30現在
 10日に決算を発表。「4-6月期(1Q)経常は36%増益で着地」が好感された。加藤製作所 <6390> が8月10日大引け後(15:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比35.8%増の15.8億円に拡大し、4-9月期(上期)計画の20億円に対する進捗率は79.2%に達し、5年平均の42.5%も上回った。
  ⇒⇒加藤製作所の詳しい業績推移表を見る

■大氣社 <1979>  3,560円  +300 円 (+9.2%)  11:30現在
 大気社<1979>が急反発している。同社は10日取引終了後に、19年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表。営業利益は25億5400万円(前年同期比5.1倍)となり、上半期計画41億円に対する進捗率は62.3%に達した。売上高は490億8900万円(同13.2%増)で着地。国内で産業空調分野やビル空調分野の工事が増加したことなどを背景に、主力の環境システム事業が伸びたことが寄与した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

■電気興業 <6706>  3,170円  +245 円 (+8.4%)  11:30現在
 10日に決算を発表。「上期経常を一転黒字に上方修正」が好感された。電気興業 <6706> が8月10日大引け後(16:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は1億6400万円の黒字(前年同期は6200万円の赤字)に浮上して着地した。併せて、4-9月期(上期)の同損益を従来予想の3億円の赤字→3億円の黒字(前年同期は1億6400万円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上し、82.9%増益見通しとなった。
  ⇒⇒電気興業の詳しい業績推移表を見る

■リクルート <6098>  3,275円  +240 円 (+7.9%)  11:30現在
 リクルートホールディングス<6098>が全般悪地合いのなか逆行高と気を吐いている。同社が10日取引終了後に発表した19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算は売上高が5672億7700万円(前年同期比8.2%増)、営業利益は678億3900万円(同20.4%増)、最終利益は473億6300万円(同17.8%増)と好調だった。旺盛な求人需要を背景に国内外で求人情報事業が好調、人材派遣事業のコスト改善努力も利益率改善に反映された。

■省電舎ホールディングス <1711>  454円  +80 円 (+21.4%) ストップ高買い気配   11:30現在
 省電舎ホールディングス<1711>がストップ高カイ気配。前週末10日の取引終了後、過年度決算短信の訂正と18年3月期の決算短信および有価証券報告書を提出。これを受けて、東京証券取引所が11日付で監理銘柄(確認中)の指定を解除したことが好感されている。過年度決算で不適切な会計処理が行われていた可能性が高いとの報告を受けて、第三者委員会を設置。この調査報告書を7月11日に受け取ったことに伴い訂正したという。なお、18年3月期連結決算は売上高17億8900万円(前の期比26.4%減)、営業損益2億8400万円の赤字(前の期3600万円の赤字)、最終損益5億8200万円の赤字(同7000万円の黒字)で、19年3月期は、売上高22億500万円(前期比23.3%増)、営業損益および最終損益は収支均衡を見込んでいる。

■ホロン <7748>  948円  +150 円 (+18.8%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ホロン<7748>は大量の買い注文に値がつかず、前週末比150円高はストップ高の948円でカイ気配に張り付いている。半導体電子ビーム検査装置を製造するが、世界的に好調な半導体投資需要を背景に業績は絶好調に推移している。10日取引終了後に発表した19年3月期の第1四半期(4~6月)単独決算は、売上高が10億3000万円(前年同期比29.4倍)と急拡大、これ受けて営業損益は3億6900万円の黒字(前年同期8900万円の赤字)、最終損益は2億6700万円の黒字(同9300万円の赤字)と大幅黒字転換した。通期営業利益段階で3億8200万円(前期比3.2倍)を見込んでいるが、第1四半期時点でほぼその計画ラインに到達しており、これを材料視する投資資金が集中した。

■Fringe81 <6550>  952円  +150 円 (+18.7%) ストップ高   11:30現在
 Fringe81<6550>がストップ高の952円に買われ、年初来高値にツラ合わせとなっている。前週末10日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高14億4600万円、営業利益4400万円、最終利益2600万円となり、前年同期は四半期決算を行っていないため比較はないが、第1四半期として初の黒字化を達成したことが好感されている。メディアグロースサービスの限界利益が前四半期に比べて伸長したほか、第3の柱として育成中のウェブサービス(Unipos事業)の限界利益が倍増したことが寄与した。

●ストップ高銘柄
 モブキャスト <3664>  671円  +100 円 (+17.5%) ストップ高   11:30現在
 エムティジェネックス <9820>  10,340円  +1,500 円 (+17.0%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、12銘柄

●ストップ安銘柄
 デュアルタップ <3469>  830円  -300 円 (-26.5%) ストップ安売り気配   11:30現在
 ビーグリー <3981>  1,174円  -400 円 (-25.4%) ストップ安売り気配   11:30現在
 ヒューマンA <6575>  1,501円  -400 円 (-21.0%) ストップ安売り気配   11:30現在
 テラ <2191>  309円  -80 円 (-20.6%) ストップ安売り気配   11:30現在
 リファインバース <6531>  2,116円  -500 円 (-19.1%) ストップ安売り気配   11:30現在
 など、10銘柄

株探ニュース

日経平均