市場ニュース

戻る

【材料】ジンズメイトがカイ気配のまま水準切り上げる、4~6月期利益が通期計画大幅超過

ジンズメイト <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジーンズメイト<7448>がカイ気配スタートで、そのまま水準を切り上げている。同社は10日取引終了後、19年3月期の第1四半期(4~6月)単独決算を発表。売上高は22億7600万円(前年同期比13.2%増)と2ケタ増収を確保し、営業損益は1億9500万円の黒字(前年同期2億1800万円の赤字)、最終損益は1億5700万円の黒字(同2億5500万円の赤字)といずれも黒字転換した。トレーニングジム「RIZAP」を中心に美容・健康関連事業などで収益成長を続けるRIZAPグループ<2928>傘下で経営再建を進めているが、業績は急改善している。通期業績予想は従来見通しを据え置いているものの、通期営業利益、最終利益予想ともに第1四半期時点で既に大幅に上回っており、ポジティブサプライズとなった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年08月13日 09時09分

日経平均