市場ニュース

戻る
2018年08月13日09時05分

【材料】キトーが急反発、4-6月期(1Q)経常は2.3倍増益で着地

キトー <日足> 「株探」多機能チャートより
 キトー <6409> が急反発。10日大引け後に発表した19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比2.3倍の8.1億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。

 旺盛な設備投資需要が続くなか、増産体制を継続し、国内や中国、韓国などで工場用搬送機器の販売が伸びたことが寄与。新基幹システム稼動による償却費などを吸収し、利益倍増を達成した。上期計画の16億円に対する進捗率は50.9%に達し、5年平均の31.8%も上回った。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均