市場ニュース

戻る
2018年08月12日16時51分

【材料】ヒノキヤグループ<1413>のフィスコ二期業績予想

ヒノキヤG <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年7月27日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ヒノキヤグループ<1413>

3ヶ月後
予想株価
3,300円

注文住宅が主力。分譲住宅やリフォームも。断熱材の施工販売を行う上場子会社の日本アクアが成長中。介護・保育に参入。中計では22.12期に営業益120億円を目指す。配当性向30%以上目安。収益は下期偏重傾向。

独自の次世代冷暖システムが好評で注文住宅が好調。収益物件の販売もしっかり。原料高で原価率上昇の断熱材は下期に採算回復へ。18.12期は利益続伸を予想。連続増配。PERに割高感なく、株価は底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12連/F予/118,000/6,800/6,800/3,800/302.19/90.00
19.12連/F予/130,000/7,800/8,600/4,600/365.81/105.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/27
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均