市場ニュース

戻る
2018年08月12日12時27分

【材料】岡藤ホールディングス<8705>のフィスコ二期業績予想

岡藤HD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

岡藤ホールディングス<8705>

3ヶ月後
予想株価
210円

商品先物取引大手や証券会社を傘下に持つ持株会社。預り資産拡大に注力。外債販売など証券事業を商品事業に次ぐ柱に育成。グループ受取手数料は苦戦だが、売買損益好調。販管費の減少等もあり、18.3期は損益改善。

日産証券と資本業務提携。商品取引関連事業、有価証券関連事業は収益堅調。19.3期は損益改善か。受取手数料は苦戦続くが、リストラ効果等が寄与へ。株価は業績改善待ちだが、割安感が今後の下値をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/2,850/-50/-20/-30/-/0.00
20.3期連/F予/3,050/70/100/80/9.21/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/30
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均